バッグの中が暗くて見えにくい時,保冷バッグを使うと中が明るく便利!

スポンサード リンク


一般に販売されているバッグって、中が暗くて見えにくいと思いませんか? 中の暗さや明るさを考えている、バッグってあまり無いように思うんですよね。そこで考えたのが保冷バッグを使うと中が明るく便利!いう事です。

バッグの中が暗くて見えにくい

中が「黒色に近い暗い色」の生地の場合、本当に見えづらく、嫌がらせかと思うときもあります。また花柄などの場合、かわいいんですけど、目がチカチカして、小さいモノが見えにくいんですよね。ボーダー柄とかはもうかなり辛いですね。

保冷バッグを使うと中が明るく便利!

001

そんな中身の見えやすさにこだわる私が、雑用鞄につかっているのは、なんとこれ!保冷バッグです。写真はあくまでイメージです、けっこうカワイイデザインのもあるんで、ぜひ保冷バッグを雑用のバッグとしてですが、お試しください。とても良く見えますよ。なかが銀色で光を反射するでしょ本当に明るいですよ!!つまりレフ板(銀レフ)と同じですからね♪。

001

001

あまり明かりがなくても、光を効果的にあつめてくれるし、ストレスが少なくなりますよ。しかもほとんどのものは、少しクッション性があって自立する!ので、使い勝手がいいですね。 でかけるとき、必要なモノをポンポンなげいれていくでしょ、そんとき自立するバッグは本当に楽ちんですよね。

 

[Sponsored Link]

 

もちろん基本、保冷バッグなんで、整理整頓用のポケットはほとんどないので、 ざっくり入れる人むけですね。いずれにせよ雑用バッグなのでざっくりが基本になるかなと思います(^O^)

005

私が実際に使っているのは、大きめのやつで、ぱっと見保冷バックとはわからないものですよ。ドット柄とかもかわいいですよね。基本的に保冷バッグは軽いですので、ストレスも軽減されると思います(^O^)

難点といえば、比較的、1000円程度の安いタイプのものですと、内側の銀色の素材が破けやすい点ですね、ちょっと鋭いものにひっかかると、避けてしまいますねっ (^_^;)

 しかし、便利な点といえばなんといっても、保冷ですから、スーパーで買い物したときしっかり、保冷してくれますよ。

たまに人に、中を見られて、え?それって保冷バッグ?とか言われますけど、そうなの!便利よ!って自慢できますよ。いいアイデアでしょーーー!って。いいます 🙂  このように、保冷バッグを、もっともっと幅広く使いましょう(^^)/

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ