トリプルアクセル動画(女子)[基礎点]浅田真央/伊藤みどり/中野友加里

スポンサード リンク


トリプルアクセルの動画(女子)です、基礎点は8.5となっているトリプルアクセル。浅田真央、伊藤みどり、中野友加里選手を始めとする、トリプルアクセルジャンパーの動画を見てみましょう!

トリプルアクセル(女子)動画 [基礎点8.5]

トリプルアクセルはとにかく、難易度が高いため試合でも高得点がもらえるんですね。ジャンプを決めれば、8.5点となっています。女子の公式戦で成功させたのは、たったの、5人だけなんです。しかし、なんと、そのうちの3名は日本人なんですよね。日本のフィギュアスケートってレベルが高いですよね。

まずはこの人、伝説の伊藤みどりさん

伊藤みどり

女子選手で史上初のトリプルアクセル成功者まさしく伝説のスケーターとなりましたよね。

このトリプルアクセルの高さは本当にスゴイと思います。ジャンプって、高跳びタイプと、幅跳びタイプとあるようなんですが、伊藤さんの場合、高跳びタイプですね。現在は、地元の福岡県北九州で、子供達に「スケートの楽しさ」を教えているという伊藤さん、 伊藤さんの弟子が活躍する時代も近いかもしれませんね。期待です(^^)/

 

次に、いろいろと世間を騒がせた、トーニャ・ハーディングさん

トーニャ・ハーディング

女子選手で史上二人目のトリプルアクセル成功者ですね。(アメリカ)2015現在(44歳)

 

 とにかくいろいろと、世間を騒がせた方でも有名ですね。競技大会中でもこんな事がありました(下記動画)…名前をコールされても出てこず、制限時間の2分直前にやっと控え室から出てきました、しかし演技途中で靴が痛いと泣き出してしまう…。またトーニャ・ハーディングさんの関係者が他の選手に危害を加えるという悲惨な事件もありました…。

 

さて、三人目は、この方日本を代表するスケーターの一人中野友加里さん

Sponsored Link

史上3人目のトリプルアクセル成功者ですね。競技会で成功したのは、2002年の中部ブロック大会といいます。国際競技会では、2002年のスケートアメリカで成功をしたそうです。同じく2002年、西日本選手権と全日本選手権では3回転アクセル2回転トウループのコンビネーションジャンプも跳んで成功しているそうです。

中野友加里

 

そして4人目は、リュドミラ・ネリディナ(ロシア)さん

リュドミラ・ネリディナ

1984年12月7日生まれ (2015現在、30歳) Людмила Нелидина

女子選手で史上4人目のトリプルアクセル成功者ですね。2002年スケートアメリカのフリーで、中野友加里とともに、10年ぶりにトリプルアクセルを成功させ注目を集めました。

そして5人目のトリプルアクセルジャンパーは、浅田真央さん

浅田真央

バンクーバーオリンピックでショートプログラムで1回、フリーで2回飛んで、実力を見せました。(1競技大会で3回の成功はギネスに認定されているそうです)

現在、選手活動休止中ということですが、現役続行が望まれる、真央ちゃん、ぜひもう一度感動を与えて欲しいと願いますね。下記は、比較動画になっていますが、真央ちゃんのトリプルアクセルです。

時代はかわり日本人でも手足の長い、体格の良いスケーター達がどんどん成長していますので、これから女子でも、トリプルアクセルをどんどん跳ぶ時代になってくるのではないか?と個人的には思っています(^^)。

そして、いつか、女子も4回転が当たり前になる日がくるかもしれません。いずれにせよ、今後も、目が離せないフィギュアスケート界ですね。

参考 ウィキペディア

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ