パウスカート作り方、ウエスト部分を縫うコツと、ゴムを通すコツ(動画)

スポンサード リンク


フラダンス人気の昨今、パウスカートを自宅で作る人も多いですよね。パウスカートそのものはとても簡単な作りですから、誰でも基本縫いができれば簡単にできますよね。

pau

ただ自分でつくるには問題点が2点あります。

1点目はウエスト部分を縫うときに、2㎝幅で縫いつづける…といった作業がとてもやりにくい事

2点目はゴムを通すのが大変という事ですね。

 

 

ウエスト部分を縫うコツ(2㎝幅で縫いつづけるコツ)

00001

これは家庭用のミシンですと、なかなかどうして、2㎝はばで延々縫うってむずかしいんですよね。しかも布が大きいから、ひっぱられちゃうんですよね。で、この方法をためしてください。透明のものさしを使います。(写真は三角定規で1㎝くらいの設定でぬおうとしていますが)

とくに三角定規でなくてもできます。定規で上から布をおさえるんですね。定規は、布が動くと動いてしまいますので、きっちりビニールテープで固定します。

あとは、ここだと決めた定規の上のラインをじっと見て縫います。この場合は小さな⊿のシールをはっていますけど(右側)、その生地のラインをずっと見てぬいましたね。この方法だと比較的、まっすぐに綺麗に必要な㎝をあけて縫うことができますよ。

ゴムを通すコツ

【スポンサードリンク】

生地はなんとか縫ったものの「ゴムを通す」のが意外と大変だという事に気づいた方も多いのではないでしょうか? なぜかというと、3本(3本だとすると)のゴムを同時に通す必要があるからです。同時に通さないと、ゴムの伸びが均一でないとだめなんですよね。

つまり、ゴムを、1本ずつ通してはダメなんです。一気に3本いれないといけません。

私もこれ、結構悩んだんですけど、ある動画で一気に解決しました(^^)/ その動画がこれです!この動画のおかげで本当に助かりました。動画アップしてくださった方には感謝ですね。

私も、100均で中華用菜箸を購入しました。ダイソーで売っていました。私はだいたい2㎝幅で作っているので、そのダイソーのやつですと、太めの箸と細めの箸がはいっていましたが、太めの方でバッチリでした。

パウスカートの生地

ちなみに、パウスカートの生地はポリコットンと呼ばれていますよね。でもユザワヤとかにいくと通じなかったりしました(^^;) TCブロードとか?言われていましたね。表示は、65% ポリエステル 35% コットン になりますね。ハワイアン用生地というカテゴリがあればそちらで良いと思います。

ユザワヤなどのハワイアン用生地は、あくまで個人的意見ですが、値段も高いんですが、やはりモノは良いですね。価格でいうと、1メートル 1000円~1200円クラスですね。

※ユザワヤは、その店舗に在庫がなくても、番号(レシートに記載)を伝えれば他の店舗にないかどうかをチェックしてくれたりして親切ですね。

リーズナブルな店舗だと1メートル600円程度のものからありますが、やはりその程度の質と思っておいた方がいいような感じがしますね。

手触りがまるで違うんですよね、自分だけの1品を縫うなら、ちょっとぐらい高くてもいい布で、縫って頂きたいですね(^^)

まぁ、 1メートル 1200円を3.6メートル買えば、そこそこの出費になるんですが、納得のいくものができますよ♪

ゴムなんですが「ポリエステルのゴム」が良いです。ユザワヤとかにありますよ、裏面に「ポリエステル」という表記があります。パツンと切ってもゴムを巻いている糸がほどけてきたりしないので、お勧めですよ。

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ