クワトロアクセル(四回転A・4A)成功!?羽生結弦[動画/画像]

スポンサード リンク


羽生結弦選手ですが、四回転ループも成功させ、あとはいよいよアクセルだ!というわけですが、何せアクセルは4回転半になりますからね、他の4回転とは、全然レベルが違いますよ!難易度もぐっとというか、数十倍もあがりますからね!正直今世紀中に出来るひと出てくるのかな?くらいに考えていたんで、練習していると聞いて驚きです!

まずは練習中の動画を見てみましょう!

クワトロアクセル(四回転A・4A)を練習中の羽生弓弦[動画・画像]

練習中とはいっても、本当の練習のリンクではなく、アイスショーでの一場面です。


二回目に跳びます。

うーん実に惜しいですが、このもう一歩がなかなか難しいのだと思いますね。

でもっ 近くにいたファンの人いいなぁ…。

羽生結弦選手のコーチのブライアンオーサーは、ミスタートリプルと呼ばれたジャンプの天才です。

ジャンプの天才の指導によってクワトロアクセルも実現するでしょうか!

 

羽生弓弦が成功するか?四回転アクセルの基礎点は?

さて四回転アクセルって、いったい成功すると何点もらえるのでしょうか?

トリプルアクセル~4回転の全ての基礎点をみてみましょう!

ジャンプの種類 基礎点
トリプルアクセル 8.5
4回転トウループ 10.3
4回転サルコウ 10.5
4回転ループ 12.0
4回転フリップ 12.3
4回転ルッツ 13.6
4回転アクセル 15.0

 

なんと15点!あごが外れます…すごぎます!

1つ成功すれば、トリプルアクセル2つ分弱くらいですよ…。

しかし、もちろん失敗した時のリスクも大きいですからね。

実際にチャレンジするには勇気がいりますが、

とにかく前進力のある、羽生結弦選手!きっといつかやってくれると思います!

 

パトリックチャン選手は、羽生結弦選手の体型も跳びやすい体型だと…

さてソチでは、金メダルを羽生結弦選手にさらわれてしまった感のある、パトリックチャン選手。その前の大会も羽生結弦選手に負けてしまったので、まぁ流れとしてはそうなるかと予測もあったかもしれませんが、そのパトリックチャン選手のコメントの中に、

弓弦の体験も四回転が跳びやすい体型

という言葉がありましたね。ちょっとその動画をみつけられませんが、やはり軸がなるべく細くまっすぐに近いほうが回転が素早く、無駄がないのでしょうね。

 

 

4回転ループについて語った羽生結弦君の動画

こちらはアクセルではありませんが、4回転ループについて語っている羽生結弦君の動画です。


 

 

アクセルジャンプを跳ぶコツを羽生結弦選手が語る!


アクセルを跳ぶコツは

まっすぐな壁があって
そこにピタッと寄り添って行く感じ

だそうです(^^) 簡単に聞こえますけど、かなり難しいのでしょうねっ

織田信成選手の「キョトン」顔が、印象的ですね!

 

さて新しい情報が出てき次第、追記いたします!

羽生結弦選手のますますの活躍を期待します!

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ