岩崎宏美が子供を奪還!そして甲状腺のバセドー病、橋本病を告白!

スポンサード リンク


16/01/10に行列のできる法律相談所に出演する岩崎宏美さんと良美さんの姉妹!相変わらず美しい姉妹ですが、岩崎宏美さんが離婚後、お子様とやっと会えた事(奪還)と甲状腺の病気、バセドー病、橋本病を告白した事を調べてみましょう!

岩崎宏美が子供を奪還!子供が成人し自由に会えるようになった…

岩崎宏美

 

30歳で一般の方(有名財閥創始者の子孫でエリート商社マン)と結婚された岩崎さん、ちょうど良いくらいの年齢で結婚されましたよね。

しかし7年後離婚となりました。もともと歌手活動をやめる事を求められていたご主人…。

離婚の原因はひとことで言えば「性格の不一致」的なものだと、岩崎宏美さんはかたっています。産経ニュースによりますと、

 離婚の原因は言いようがないけれど、性格の不一致っていうのかな。

仕事と家庭を両立したかったのも本当だし、彼が私に仕事をやめてほしかったというところもあったんだと思います。

これを言ったら離婚になるなということはお互いに言わなかったので、彼とはけんかをしたことがなかった。我慢するのはよくないですね。http://www.sankei.com/column/news/150423/clm1504230008-n1.html

とういわけで、

岩崎宏美さんは、親権を渡す事を条件に離婚をしました。

離婚された時は長男が5歳で、次男が2歳半というまだまだカワイイさかりの頃…。本当に辛かったと思います…。

しかし、岩崎宏美さんには、養育権が残っていました。

が、ご主人の再婚を機に子さん二人の養育権も失ってしまいました…。二人のお子さんには新しいお母さんが来たのです。

 

NEWSポストセブンによりますと、

 最愛の子供たちを手放さざるを得なかった岩崎は心療内科に通うほど追い詰められていった。子供たちが暮らすマンションの前を車で訪れては、灯りが消えるまでその前から動けない。そんな日が3日に1度はあったという。http://www.news-postseven.com/archives/20130827_207034.html

というわけで精神的な苦痛がどれほど大きかったかが分かりますね。

その後、商社マンであるご主人の転勤でメキシコに一家は引っ越し…岩崎宏美さんは子供たちの顔をみることもあまりできなくなったそうです…。

追い詰められた岩崎宏美さん。

そんな岩崎宏美さんをささえたのが、現在のご主人、今拓哉さん。

2009年に今拓哉さんと再婚されましたね。

二人の息子さんも、現在は成人され、自分の意思で実の母親に会えるようになり、岩崎宏美さんとの、関係も良好のようですね。

失った長い年月を、これからゆっくり時間をかけて取り戻して欲しいと思います…。

 

岩崎宏美のプロフィール

岩崎宏美

さてここでプロフィールをみてみましょう!

  • 岩崎 宏美(いわさき ひろみ)
  • 1958年11月12日うまれ(2016年1月10日現在 57歳)
  • 東京都江戸川区の出身
  • 成城学園初等学校から、堀越高等学校
  • 歌手活動と、女優活動
  • 愛称はヒロリン
  • 中学3年生の時に「スター誕生!」に応募し、最優秀賞に選ばれデビューする(芸映、ビクターレコードと契約)
  • 中学入学したころから、歌のレッスンを開始し、歌手を目指していた
  • 2枚目の曲「ロマンス」が90万枚の大ヒット(あなたおねがいよ~♪)
  • 岩崎良美は3つ下の実妹(タッチを歌って大ヒット)

 

岩崎宏美が甲状腺の病気バセドー病、橋本病を告白!

【スポンサードリンク】

2015年のスポニチの記事で、このような記事がでました。

歌手の岩崎宏美(56)が22日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。今年、歌手生活40周年を迎えるが、2001年から甲状腺の病気であるバセドー病、橋本病を患っていることを明かした。

 ダイエットもしていないのに痩せ「更年期に近い症状がでて、汗出たり、心臓バクバクいったり、めまいがしたり、耳鳴りがしたり」という症状も出たため、調べたところ、病気が判明。

同じ病気をもつ歌手で有名なのが「綾香」さんですよね。バセドウ病は20代~30代の女性に多く発症する自己免疫疾患ということで、男性患者に比べ女性患者はおおよそ5倍と言われています。実際私の周囲でもかかっているのは女性ですね。

中年になると、更年期障害との見分けがなかなか難しいみたいですし、気になったらお医者さんへ行ったほうがよさそうですね。岩崎宏美さんは今はお薬をのまれ病気と上手に付き合って悪くならないようになさっているという事です。完治もする病気だという事ですので、頑張って欲しいですね。

これからも美しい歌声を聞かせて欲しいと思います。

 

 

 

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ