AKB48 向井地美音こんなに小さくかわいかった子役時代の画像動画

スポンサード リンク


子役から活躍している、AKB48 みーおんこと、向井地美音ちゃん、2015/02 先頃、発売された週刊誌上で、大胆なセクシーグラビアを披露して周囲を驚かせましたね。 この写真は子役時代のタレント名鑑の写真画像ですが、本当にかわいいですね。かわいい小さかったころの動画もチェックしましょう!

033

アンフェア時代

とにかくカワイイですね。こんな子が普通にいたら絶対に目立ちますよね。
★2006年 テレビドラマ『アンフェア』
シリーズで篠原涼子が演じる主人公の娘・佐藤美央役 なんとオーディションは100倍の倍率だったそうですよ、そこを勝ち抜いてこの役を得たそうです。そのオーディションでは泣く演技をしたそうですね。8歳の

001

 

★2007年 アンフェア the movie  佐藤美央 役 

002

 

アンフェア the movie(プレビュー)の動画を見るとその当時の動いているみーおんが見られますよ。

 

★某番組出演時

984

 

 ↓これは詳細はいつかわからないんですけど、小学生3年生くらいですかね~。アゴが小さいですよね。

993

あどけなさと、はつらつとした感じがとても初々しいですよね、ポカリスエットのCMに似合いそうだし、リハウスガールも似合いそうな感じですよね。

そのほか

子役時代には、NHKの大河ドラマ利家とまつ〜加賀百万石物語〜にも初姫 役で出演(2002年 )
4才のときですけれども、お城が落城する前に、お市の方に抱きしめられたシーンが記憶に残っているそうですよ。

ウエディングプランナーSWEETデリバリー(2002年)フジテレビ 北村早紀 役など数多くの子役経験がありますよね。

また、映画「ゲゲゲの鬼太郎」では、三つ子の妖怪の女の子の役をしましたね。

ですが、一旦小学校5年の時に子役を休業して学業に専念し、中学を受験したそうですね。つまり私立の中学って事ですね。芸能界活動はこれで一旦休止したわけですね。

 

2013年1月、15期研究生としてAKB48に加入!

Sponsored Link

やはり芸能界が好きだったんでしょうね。なにせ幼少の頃からそこにいたわけですから、もはや古巣的な感じもありますよね。

2013年1月、15期研究生としてAKB48に加入して、それから現在の活躍となりますね、大島優子ちゃんがAKBを卒業するにあたり、この美音ちゃんに、ヘビーローテーションの、センターを任せたのは自分と同じように子役から頑張っている美音ちゃんにという所も大きかったんでしょうね。

ヘビーローテーションの、センター

プチトマトが大好物?

00001

また、プチトマトが大好物だという美音ちゃん。なんと、幼稚園の時から、朝昼晩食べ続け、累計2万個を超えたそうなんですよ!

「私はプチトマトが大好物なんですけど、実は幼稚園の時から朝昼晩必ずプチトマト絶対食べてるんですよ。だから10年ぐらいプチトマト食べ続けて。前、計算したんですよ、今まで何個食べたか。そしたら小学生の時点で2万個ぐらい食べてて」

今後もこんな、オチャメなみーおんに期待したいですね。

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ