川口春奈の「低視聴率」ドラマ『夫のカノジョ』ってどんなドラマ? 打ち切りって本当?

スポンサード リンク


放送された、『夫のカノジョ』TBS。川口春奈ちゃんにとって、初めての連ドラ出演でしたよね。しかし、平均視聴率3.8%という「低視聴率」。打ち切りって本当でしょうか? 

心が入れ替わる物語というのは、古今東西よく使われたストーリー展開

098

まぁ、心が入れ替わる物語というのは、古今東西よく使われたストーリー展開ではあります。すぐに思い出すのは1982年公開の、大林宣彦監督『転校生』ですよね。これは男女の心が入れ替わる展開でした。階段から転げ落ちてしまったはずみで心が入れ替わるっていう。

最近でも、2014年10月 NHK総合ドラマ10「さよなら私」 でも女性同士の心が入れ替わるストーリー(詳細はこちら http://navicon.jp/news/26000/)

こちらに心が入れ替わる映画リストがあります(http://matome.naver.jp/odai/2137293754692909501

基本的に、このような心入れ替わりストーリーができあがるのは、やはり『心』というものがどこか、物理的な体とはなれて何かスピリチュアル的なものであるかのようなイメージを、一般的にもっているからでしょうね。最近でこそ心は脳であるというイメージがうまれていますけれどもね。

ネットの中ではさほど評判悪くない

Sponsored Link
 

しかしネットの中ではよい評判も多いんですよね、視聴者の声を見てみましょう!

『夫のカノジョ』打ち切り?!個人的には今クールで1・2を争うおもしろさなんだが、、、

【夫のカノジョ】打ち切り?結構おもしろいのに。1回も見ずに数字に左右され『視聴率低いから相当つまらないんだな(笑)』とか言っちゃう人残念賞。

夫のカノジョ、低視聴率だから来週の放送で打ちきりとかやめろまじ超好きなのになー話の内容も面白いしキャストも良いのになー……しくしくえんえん (TωT)

ツイッターより

というわけなんです、熱狂的なファンも多かったんですよね。もはやいわゆる視聴率だけで判断するのはどうなんでしょうね。普通にテレビだけで視聴している人ってもはや少ないんではないかなと思うのですけどね…。

ここでドラマのあらすじを見てみましょう!

39歳の主婦・小松原菱子は、真面目で面白みはないが、根は優しいと信じていた夫が部下の女性と浮気しているのではと疑いを持つ。そして夫を尾行すると、若い女とマンションへ入っていくのを目撃。相手の女・星見と対面し、夫と別れるようにと求めるが話し合いは口論に発展してしまう。するとそこに、真っ赤なロングドレスに身を包み、薄汚れた顔をした老婆が現れ、「互いの気持ちが芯まで分かったら元に戻る」と、菱子と星見の身体を入れ替えて消えてしまう。探せど探せど老婆は見つからず、2人は互いの仕事や家庭のことを考え、戻る方法が見つかるまでそれぞれの姿でそれぞれの生活を維持していこうと約束する。しかし菱子は新人研修の打ち合わせで、星見はPTAで一騒ぎを起こしてしまうことに。

心入れ替わりネタは、何かのハズミで入れ替わるというのが多いと思うのですが、真っ赤なロングドレスに身を包み、薄汚れた顔をした老婆という、(実際は黒いドレスでしたが)いわゆる魔法使い的な、人間を超えた存在を入れてあるのが、ちょっとあまりにコミカルな感じになってしまったのかもしれません。「ホームコメディ」と最初からあるので、そこまでは全然OKな感じがしたのですが、あまりに現実から離れると一気に「スーッ」とひいてしまう人もいるかもしれません。漫画?みたいな。博多弁もユーモラスでしたが、ひいてしまうひともいたかもしれません。

結局、視聴率低迷による打ち切りという形で終わりましたが、打ち切りって言われても、ドラマをどうやって打ち切るの?と思ったんですが、最後の1回をヘラし、無理矢理 全8話になってしまいましたね。最後のタイトルは、こうでした。「遂に最終回! 衝撃過ぎる! なんで今カラダが戻っちゃうの!」急展開で、なんとか終止符を打ったという感じですね。

とにかく、川口春奈ちゃんにとっては痛い作品となってしまいました(>_<)

「13年放送の『夫のカノジョ』(TBS系)は川口にとってゴールデンの連ドラ初主演となったが、平均視聴率3.8%(第5回は今世紀最低の3.0%)を記録。テレビ局側も視聴率低迷による打ち切りを認めてしまい、川口はあっという間に『低視聴率女王』というありがたくない称号を与えられてしまいました」(芸能ライター)

『低視聴率女王』なんていう言葉は吹き飛ばして欲しいですね、川口春奈ちゃんの、今後に期待したいです(^^)/

 

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ