吉澤ひとみ 結婚相手は誰?出産したら子供の名前は四文字熟語?!

スポンサード リンク


吉澤ひとみさんの結婚のニュースで湧いていますね、さてIT企業の社長のお名前は一般人という事で公表されていませんが、以前、吉澤ひとみさんが出産したら子供の名前がきめてあるといっていた、名前があります、それをちょっと見てみましょう!

吉澤ひとみ 出産したら子供の名前は四文字熟語?!

001

というわけで、子供の名前はどきゅんネームとか、キラキラネームとかね。

最近は幅広ーく命名づけがされていて、かながふっていないと読めないこともシバシバありますが…

吉澤ひとみさんが

つけたい子供の名前がまずひとつめがこちら!

まさかの、

アニメキャラ…!?

098

002

これで

「アトム」と読むそうなんです!

強そうですね、やはり10万馬力でしょうか!

korenani

なかなか個性豊かなお子さんが育つのではないでしょうか!

いいですね♪

基本的に私はだれの命名も否定はしません!素敵だと思います♪

 

そして、これが、例の

四文字熟語ネーム!

覚悟はできましたか?

これだ!

20140529-001516s

002

 

磨かれます…。

えぇ。そうですとも。

兄と弟で、磨かれまくってもぉ大変です。

絶対、成長したら、

世界を制覇しますね…。

 

まぁまぁ、でもですね、四文字熟語とを使うというのは、

なかなかいいアイデアだとは思いますけどね!

 

この、よっしぃの命名に関して

世間の反応はちょっと、シビアでしたが・・・(汗

こんなコメントが!

 

★こんな人だと思わなかった

★見方かわった…

 

まぁまぁまぁ番組ですから!

盛り上げようとして吉澤ひとみさんも変わったお名前を出したのかも?しれません。

 

★「琢磨はいいとしてww切磋ww( ・ω・ )」

おぅ、それは、確かに!

いいとこつくね!

気づかなかったなぁ~

たしかに「タクマ」は全然OKよね、ありだよね、あり。ふつうだね。

しかし、

セッサってね、なんか、掃除のサッサ?みたいな?

なんか言いにくいし、口から空気がたくさん出てしまうぅ!!

つばも飛んでしまう!

言ってみてください、あなたも!

098

 

「DA PUMP」のリーダーは?  

001

(微笑)

 

 

とにかく、

息しにくい!!

苗字が仮に芹沢なら、

「芹沢 セッサ」君になる。

噛みまくる!

キャリーぱみゅぱみゅレベルだね~

ありえないなぁ…笑!

 

 

まぁ四文字熟語で名前をつけるってのは面白いけど、

下の子が仮にできなかったら、

それはそれでかなり、中途半端になって、気持ち悪いよね。

 

コント 

「中学生になった、切磋(せっさ)と友人との会話」

 

「なんで、お前の名前、切磋(せっさ)なん? めっちゃ言いにくいねんけど」

「親が弟ができたら、「琢磨」ってつけて、二人あわせると、「切磋琢磨」っていう感じにしようてしててん、ほんまのとこ」

「へぇ…でも、お前うまれたすぐって、弟できるかどうか わからへんやろ?」

「まぁな」

「それに、できたとしても、もし女の子やったら どないするん?」

「まぁ、そやな。たくま ちゃん みたいな?」

「かわいそやんか、それ…」

「まぁな…もぅえぇやん ほっとけや! 俺は四文字熟語の上の二文字だけの、中途半端な名前っちゅうことや!」

 

のような親の未計画っぷりを、子供のトークの中で暴かれてしまうような感じになってしまいますっ

うーん。

なかなか名づけは難しいですなっ

 

本当にお子さんができたら、この名前にするのかな・・・・。

IT社長おこっちゃうかも…。

001

 

 

 

吉澤ひとみ 結婚相手は誰?

そうそうお相手について少しだけ触れておきましょう、ズバリ!

9才年上のIT企業経営者!

年上のIT関係の経営者との婚約を発表した。公式ブログで「この人と生涯を共に過ごしていきたいと感じるようになりました」と幸せいっぱいに発表した。1年半前に知人の紹介で知り合い、交際を続けてきた。関係者によると、年内の入籍を予定している。妊娠はしていない。挙式は未定。

今をときめくIT企業ですね…。1年半の交際か、いいくらいですね♪ あんまり長くなるとね、間が伸びてしまって…。今結婚する必要ある?みたいな感じになっちゃいますからね!ちょうといいくらいですね!

さてさて、

ご懐妊のニュースを楽しみにしておきます、

これからも吉澤ひとみも、IT企業経営者の方も、ご活躍していただきたいと思います♪

 

マダムジュリ

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ