アグネスチャンは英才教育で三人の息子をスタンフォード大学入学へ!

スポンサード リンク


英才教育で三人の息子をあの名門「スタンフォード大学」へ入学させたアグネスチャンはご本人も「スタンフォード大学」の大学院教育学博士課程を修了させた才女です。アグネスチャンの英才教育とはどのような教育なのでしょう。

アグネスチャンは英才教育を…

アグネスチャン

一歳までは、絵本をたくさん読んであげて、二歳からは子供に絵本を読んでもらうっていたそうです。「パパに絵本を読んで聞かせて」といって読ませていたとか。絵本を読ませ読んでもらうことでひらがなを早く覚え、読むスピードが早くなる効果と情緒豊な子供に育つらしいです。でも二歳で絵本を読むとはすでに秀才の感じがするのですが。

中学生までは、ゲームと漫画本を読むことを禁じていたそうです。理由は両方とも依存性が高いから。だけど高校生になったら本人の意思にまかせる方針だったそうです。子供にはどうして駄目なのか、理由をきちんと説明することが大事な事だそうです。頭ごなしに「駄目!」とゆうと「どうして?」とゆう反抗心など芽生えますからね。自分自身の思春期を思うと納得します。まだ幼くて、まだ分からないだろうと親は自分のものさしで考えますよね。だけど子供はあんがいなんとなくで分かるものなのですよね。親の勝手な押し付けだと思ってしまうかも。いずれ理解してくれる日の為にわからなくても伝えておくことは大事なんですね。気持ちは伝わりますから。

三人の息子をスタンフォード大学へ

食事の大切さも伝えていたらしいです。アグネスチャンの母国の教えで脳に良いとされる食べ物を食べさせていたそうです。脳に良い食べ物は赤い食べ物のトマトやマグロ、緑色の食べ物のにがうりなど。小さい頃からバランスの良い食べ物をとる習慣を身につけてもらうためだそうです。三人とも食に興味があるので料理も得意だとか。外国も日本も料理上手な男性はモテルそうです。

また小さい頃は近くの図書館で寝ころんで絵本を読んだりしていたとか。本を読むことは子供とのコミュニケーションのひとつだったようです。小さい頃から本に親しんでいると勉強も「勉強をしなければ」でなくて「もっと知りたいから学びたい」と意識も違ってくるのでしょうか?

まだまだアグネスチャンの英才教育は奥が深く他にもたくさんありそうですね。そうでなければ学部課程総合ランキングで第5位の「スタンフォード大学」に三人とも合格なんてありえませんね。

 

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ