野沢尚原作の恋愛時代が面白い!脇役の江口のりこにはまっている

スポンサード リンク


野沢尚さん原作の日本テレビで放送中の「恋愛時代」が面白い! 内容も良いし主役も最高だけど、私は脇役の江口のりこさん(35歳)にはまっています。

野沢尚原作の恋愛時代が面白い!脇役の江口のりこにはまっている

江口のりこ第6話イメージ

「恋愛時代」は木曜日の深夜枠放送(11時59分~)なので、私はもっぱら録画して翌日見ています。

すでに10話まで放送が終わっています。

はじめは民放で初主演の比嘉愛未さんのお顔に惚れぼれ(私は美しいものに弱いのね)して見ていたけれど、

今は脇役の江口のりこさんにはまってしまって、今は彼女が画面にでていないとちょっと寂しいくらい。

彼女は若くて美人で愛嬌がある!といった女優さんではないけれど、

話し方もぼくとつなんだけど、芯があるしっかりとした声で聞き取りやすく、いいんです!

第六話の難しいシチュエーションも彼女ならではの爽やかな演技で分かりやすく伝えてくれた。

脚本もいいのでしょうけれど、観ている側にすると、演者で想像するイメージが違ってくるので

あの第六話のシーンがドロドロになるかっ、心打つシーンになるかっ!は演者で大半は決まってしまうと思う。

彼女は「ちょっと感動」するシーンにしてくれた。

恋愛時代がより面白くなったと思う。

相方?になるかなっ。中尾明慶さんとの掛け合いも面白いし。

彼女の中にある「笑い」のセンスが私の波長にあうのかなっ。と調べてみた…

 

恋愛時代の江口のりこの出身は…

江口のりこ

彼女は「劇団東京乾電池」の出身らしい。

やっぱり。

私は「劇団東京乾電池」出身の柄本明さんと高田順次さんが好きなのだ!

「笑い」にも遺伝子があるのね!

あっ思い出した!

NHKの朝ドラマッサンで事務員なのに偉そうにしててハッキリものを言う役で出てた!

あの時もピリッとした「笑い」を入れてくれてたっ。

ちょっと彼女の今までの作品を見てみよう。

「恋愛時代」はHuluでも発信してるのであの第六話をまた観てみよう。

休日が楽しみになってきたなー。

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ