紫陽花は食べる事ができるのか?西日本が梅雨入り!2015

スポンサード リンク


西日本が2015/06/03梅雨入りしましたね。ニュース映像にきれいな紫陽花の花が映し出され、気分が落ち込みがちな梅雨でも少し気持ちがやわらぐ感じになるのですが…ふと、これって食べられるの?と考えてしまいました。ちょっと調べてみました!

紫陽花は食べる事ができるのか?

003

調べたところによりますと…毒性があります!

食べられません! 食べようかと思ったあなた!(思っていないって?)  やめましょう!症状は「嘔吐、めまい、顔面紅潮など」毒の成分はあきらかでないようですが…このような症例が!

( 症例1) 2008 年 6 月 13 日、茨城県つくば市の飲食店で、料理に添えられていたアジサイの葉を食べた 10 人のうち 8 人が、食後 30 分から吐き気・めまいなどの症状を訴えた。

(症例2) 2008 年 6 月 26 日、大阪市の居酒屋で、男性一名が、だし巻き卵の下に敷かれていたアジサイの葉を食べ、 40 分後に嘔吐や顔面紅潮などの中毒症状を起こした。いずれも重篤には至らず、 2 ~ 3 日以内に全員回復した。

引用元 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082116.html

アジサイの葉を料理に添えるな~!って声を大にして言いたいですね…。

お店の人も毒性を知っていたのか、知らなかったのかって感じですよね。ま、とにかく、お皿にもってあれば食べちゃってもその人を責められないですよね~。

またこんなことも!

アジサイ中毒に関連すると思われるアマチャ(甘茶)による中毒が、 2009 ~ 2010 年、相次いで発生した。いずれも花祭りで子供がアマチャを飲んで嘔吐症状を訴えたもので、 2009 年 4 月岐阜県岐南市では、 119人の園児のうち 28 人が , 2010 年 4 月神奈川県南足柄市では、小学一年生 99 人のうち 45 人が嘔吐症状を訴えた。幸いいずれも軽症で、一日以内に全員快方に向かったという。アマチャ Hydrangea serrata(Thunb.) Ser. var. thunbergii (Siebold) H.Ohba はアジサイに近縁なので、同じ成分を含んでいても不思議はない。しかし、古くから薬用として用いられ、日本薬局方にも収載されていて、有毒成分の存在はこれまでまったく報告されていない。 引用元 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082116.html

薬なのか毒なのか…なかなか難しいですね~。

ちなみに・・・下の写真は紫陽花の形をしたゼリー!食べられます♪(^o^) 

かわいいパッケージですね。京菓子富久屋さんの【 篭 あじさい ゼリー 】 紫陽花 アジサイ 梅雨 季節限定 京都 和菓子 贈り物 プレゼント ギフト♪

003

また、下の写真は、金平糖で形作られた紫陽花♪ かわいいですね。紫陽花のひとつひとつの花(がく)を金平糖に見立てるってオシャレ!
(参考 http://item.rakuten.co.jp/kyoto-okashi/10001238/)

003

 

西日本が梅雨入り!2015

002

さて、梅雨入りをしました西日本ですが、紫陽花で雰囲気をちょっとかえつつ、こんな傘なんかでちょっとは楽しくしばらくの梅雨を楽しみたいですね。

梅雨入り前に欲しい傘2選!変形傘?さかさまに開く? 

傘って江戸時代くらいから基本的な形がかわっていないとおもうんですね、だからこれらの傘って本当に、革命だと思うんですよね~っ。これからもっともっと面白い傘を発明していただきたいと思いますね(^^)/ さてしばらくジメジメしますが、しばらくの辛抱、頑張りましょう!

梅雨の関連記事:梅雨の無料イラスト画像素材 サイト[登録不要][学校保育向]

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ