劇団ひとり大河[花燃ゆ]で好演!妻は大沢あかね、一人娘は千花ちゃん

スポンサード リンク


劇団ひとりさんが大河の「花燃ゆ」で好演しています。妻である大沢あかねさん、一人娘の千花ちゃんについてチェックしましょう!

劇団ひとりさんが大河の「花燃ゆ」で好演

劇団ひとり

実は、大河ドラマ初出演の劇団ひとりさんなんですが、松下村塾の塾生で後に初代内閣総理大臣となる伊藤博文の役なんですよね。スゴイ役なんですよね。芸人さんだとやはりどこか面白い方面の役が多かったりしますが、劇団ひとりさんが現実に持っている「才能」が、配役にも影響しているんでしょうね。

妻は大沢あかねさん、一人娘は千花ちゃん

Sponsored Link

有名なカップルですが、劇団ひとりさんの奥さんは大沢あかねさんですよね。二人の出会いは、ガレッジセールの川田広樹さんと3人で食事に行った事がキッカケだといいます。

大沢あかね

もともと、劇団ひとりさんは、結婚願望があり、次にお付き合いした女性と結婚をする…と決めていたというんですよね。きょうび「家庭」を持つことをこれほどに自分の人生の中でしっかり考えている男性はあまりいないような気もしますよね。特に芸人さんというイメージから出たとこ勝負的な人生をイメージしがちですが、なかなか立派な人生設計の持ち主ですよね…(^^)。しか、しなかなかお付き合いまでに至らなかったそうですね(T_T)。

川田広樹

川田広樹さんと3人であった時は大沢あかねさんとも、話が弾み、もう一度会いたい!二人でデートができればと思ったそうです。(大沢あかねさんもそう思ったどか(^^))

大沢あかね

その後意気投合しデートができましたが、マザー牧場でのデート現場を中学生にスクープ!されたそう(笑)。マザー牧場というのは千葉県にある牧場のテーマパークです。牛、馬、ヤギ、羊、豚、アヒル、ダチョウ、ラマ、アルパカなどがいて触れ合う事ができるという事がポイントのテーマパークですね。お二人らしいほのぼのとしたデートですよねぇ~(笑) 

005

 現在はお子様も1人、女の子が誕生されていますね。なんでも、すぐに子供は授かるものだと思っていたところ、なかなか授からない…。病院にいったりいろいろ悩んだそうですね。無事授かったお子様のおなまえは、千花(せんか)ちゃんというそうです。なんでも、生まれた日の誕生花が『ホウセンカ』だったことから千花(せんか)ちゃんと名付けられたといいます。ホウセンカの漢字は「鳳仙花」なので、千花は当て字にされたのですね。

005

小説家に監督にと天才ぶりを発揮している、劇団ひとりさん。これからもますます、ご家族ともに、活躍していただきたいと思います(^O^)/。

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ