ビビる大木,嫁は元Folder5のAKINA。[花燃ゆ]に出演し宮部鼎蔵を熱演

スポンサード リンク


ビビる大木さんのお嫁さんは、元Folder5のAKINAさんなんですよね。現在NHK大河ドラマの「花燃ゆ」に出演し、吉田松陰の盟友の、宮部鼎蔵を熱演しています。

ビビる大木さんのお嫁さんは、元Folder5のAKINA

AKINA

元Folder5のフロントメンバー、AKINAさんとてもかわいい方ですよね。2002年ごろからはソロで音楽活動をし、ラジオ、ドラマ、バラエティなど幅広く活躍しています。元Folder5といえば「満島ひかり」さんが有名ですが、満島ひかりさんが一番中が良かったのが、AKINAさんだといいます。

「アクターズスクールで一番仲良かったのは宮里明那(AKINA)ですね。とても、ひょうきん者で演歌好きな女の子だった」「自分の個性、ここは譲れないというのが一番あった子で、話が合いました」と語っている。

満島ひかり

でそんな沖縄出身のAKINAさんと、ビビる大木さんの接点は、どこにあったのでしょうか?気になりますよね。実は、お二人の出会いは、天野ひろゆきさんをリーダーとした「天野会」だというんですよね。

天野会

「天野会」っていうのは、なんでも天野さんが自宅に気の合う芸能界のお友達を招いて、手料理でもてなすという…ビビる大木さんや、井森美幸さん、三瓶さんなどがメンバーという事なんですね。とても、楽しそうですよね(^^)。一度は、あの和田アキ子さんも参加されたとか!メンバーの幅が広すぎる「天野会」ですね(^^)。

現在NHK大河ドラマの「花燃ゆ」に出演し、吉田松陰の盟友を好演

Sponsored Link

さて、ビビる大木さんといえばやはり芸人さんとしてのイメージが強いと思うのですが、最初にこの写真をみてビックリしたんですよね。全然雰囲気が違いますよね。もはや、別人としか思えません。メガネをとっているだけでも印象はかわりますが、それよりも顔の筋肉の動かし方というか、微細なところまで変わっているように感じますね。

987

ビビる大木さんは、芸能界きっての幕末好きという事で、今回の役は本当に感極まる役だったのではないでしょうかね(長州藩士ではなかったですが)。なんと毎年、山口県の「萩」に行くほど、幕末好き。それが興じて埼玉県出身ですが、「萩ふるさと大使」に任命されていますね。

主人公が松陰のだという設定に意表を突かれました。僕は毎年萩に行っているうちに、そんなに好きなら、と、萩のふるさと大使にしていただいたんですが、今回の役は長州藩士ではありませんでした(笑)。でも「松陰の親友の役ならいいですね」と萩の人にも言ってもらえたし、ありがたいと思っています。エキサイトニュース
005

ビビる大木さんが、もともと幕末に興味を持ち始めたのも、このNHK大河ドラマの「新選組!」がきっかけというんですから、NHK大河ドラマの影響力もスゴイですね。その興味をもつキッカケとなった大河ドラマに、自分が今度は出演する事になるというわけですから、ビビる大木さんの人生もまた「歴史」かなっていう感じがします(^^)。

005

三谷幸喜脚本の「新選組」ではそれまでにない、ユーモアを含んだ脚本がとても楽しかったですね。優香ちゃんのおいらん姿が可愛かったし、なんといっても主役の慎吾くんの近藤勇が若々しく力がありました。ビビる大木さんには、これからもどんどんNHKドラマで活躍してもらいたいと思いますね(^O^)/

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ