【決定版ココナッツオイル】冬場の溶かし方 ●●を使うが一番

スポンサード リンク


ほとんどの方は湯煎で、溶かしていると思いますが、鍋による湯煎(ゆせん)以外の冬場の溶かし方!!について述べたいと思います(^^)/

1)小瓶につめかえ、おかゆジャーに瓶ごといれておく

pot

これは母のアイデアですが、まずオイルはあらかじめ、「小瓶」に移し替えておきます。

0001

 

おかゆジャーに、朝、熱めの湯をいれて、オイルを瓶ごといれておきます。オイルは瓶ごと、使うときに取り出し、またしっかり蓋をしめておかゆジャーに戻します。

そうすると、おかゆジャーの中でお湯につかったまま夜までオイルは溶けた状態になっているそうです!

毎朝1回だけ、お湯をいれかえれば良いという事。この方法が一番良いのではないか 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 ???と思っています。私自身まだ試していませんので、これからやってみたいと思います。

ちなみに、おかゆジャーって何やねん!っと思いましたが、写真を掲載しましたのでわかりやすくなったと思いますが、要はコンセントのないポットってありますよね?保温だけの。(画像にはコードみたいな黒いヒモが映っていますが、これは関係のないものです)

 あれと同じようなもので、ポットよりももっと口が広いから瓶ごと入れられるそうです。なるほど、この方法なら電源もいらないし、毎回とかす手間も、もちろんありません!母は毎日、ココナッツオイルで、オイルプリングもやっていますから、いかに簡単に溶かせるか?をずっと考えてこの方法にたどり着いたようです。

おかゆジャーはぬるい温度をずっと夜まで保ってくれるので、ほんとに適していますね。

しかし、母がつかっているおかゆジャーは、どうも、現在販売されていないようなので、似たようなものを探したいと思います! 🙂 🙂 。 

ひょっとしたらですが、保温調理器ってありますよね。鍋ごと入れるタイプの。あれでもOKかもしれません、だとすれば大きな瓶ごと入れられるんで楽ですよね。

 

2)コタツに瓶ごと入れておく

Sponsored Links

だいたいコタツが暖かい家ではこれは便利かと思います。(うちでは一度、瓶の蓋が緩んでいてこぼれて大変な事に(^^;) 蓋には注意が必要ですね。)

 koatu

 

3)お湯をオイルに直接かける!

この方法はどれくらいオイルを摂取しているか、わからなくなりますが、もっとも、楽ちん!です。

 ※コーヒーなんかだと固まったままいれれば良いのでそのままでいいですが、
  ジュースにとかして飲んでいる方などは、
  多少みずっぽくはなくますが、
  これが一番楽ではないかな?と思います。

 私はぬるいリンゴジュースでオイルを飲んでいますので、この方法でやっています♪

 

4)小瓶にいれて、ふところに入れておく

これはかなりちいさい瓶でないとやりづらいのですが、外出先に携帯する場合は、体にちかいところ(ふところ)にいれておくと体温でとけます。おにぎりを暖かいまま食べたい時にもやりますよね。

ちなみに、電子レンジは、火災やヤケドの危険がありますので、絶対にやらないでくださいね(>_<)

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ