南果歩、ようこそ、わが家へ出演!難産で出産した息子は19歳に

スポンサード リンク


南果歩さん(51歳)が「ようこそ、わが家へ」出演されますね。南果歩さんといえば最初に結婚された辻仁成さんとのお子さんは、難産になり、命がけで出産されたそうですね…その息子さんも19歳になられるそうです、その南果歩さんを紹介しましょう。

南果歩

南果歩さんが「ようこそ、わが家」へ出演

既に大女優の域にはいっておられる南果歩さんですが、今回「ようこそ、わが家へ」に出演されますね。なんと、25年ぶりのフジテレビの連ドラなんだそうです!また、相葉くん寺尾さんとも初共演とう事、これは南さんも気合いが入るのではないでしょうか?

役どころは、主人公相葉雅紀さんのお母さんという役。結構、重要な役ですよね。南さんによってどのようにアレンジされるのか、本当に楽しみですね。

南果歩さん、難産で出産した息子は19歳!

辻仁成上画像は辻仁成さん

南果歩さんといえば、あのハリウッドスターでもあります渡辺謙さんをすぐに思い出されるかと思うのですが、1回目の結婚は、作家の辻仁成さんでした。辻仁成さんは、もともとはミュージシャンとして活動されていました。「エコーズ(ECHOES)」としてけっこう有名でしたよね。なんとい言っても「エコーズ」は歌詞が良かったですよね~。そのほとんどの歌詞と作曲を辻仁成さんが作られていたと思います。

Sponsored Link

それで、辻仁成(つじじんせい)さんが、「つじひとなり」さんと読み方を変えて作家として、第13回すばる文学賞を受賞された時も、さもありなん…という思いがしましたね。『ピアニシモ』という作品でした。その後本格的に作家活動を開始され芥川賞候補になるなどその存在感を強めていきましたね。残念ながら南果歩さんとは離婚という形になりましたが、お二人の間には1人の息子さんがいますね。

004

その息子さんの出産の時、南さんは32歳でした。授かった子供を、なるべく自然な形で出産をと、自宅出産を希望されたそうですね。(ご家族は驚かれたそうですね(^^;)) 結局最終的にどのような出産をされたか詳細はわからないのですが、最後は病院での帝王切開(>_<)になったそうです…。

本当に辛かった壮絶な出産だと思います。でも自然な形でなるべく産んであげたいという気持ちは女性なら誰でもあるのではないでしょうかね。

その息子さんもいまは19才になられているそうですね。2011年2月5日「ジーン・ワルツ」という映画の舞台挨拶があったのですが、その時こんなコメントをされたそうです、引用しますと、

南が“ある少年”のエピソードとして「今、15歳(2011年時)で反抗期なんですが、この映画を見て『感動した』と私をハグしてくれた」と語り、「その少年は、私が15年前に帝王切開で生んだ息子です」と明かすと、場内は感動の拍手に包まれた。映画.comより

今回もお母さん役という事で、やはりお母さん役をなさる方は、実際の私生活でにその経験があるのとないのとでは何か違ってくるような感じがします。南さんの「お母さん」に心から期待したいと思います(^^)/。

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ