戦う!書店ガールの濱田マリの筋肉画像!現在の旦那様は会社員

スポンサード リンク


「戦う!書店ガール」に出演する濱田マリさん、実は結構な筋肉をおもちでマッチョというんです。その画像をみてみましょう!また、2度結婚されていますが、現在の旦那様は会社員さんという事、どんな旦那様なんでしょうかチェックしましょう!

戦う!書店ガールに出演する濱田マリさん

濱田マリ

軽快な関西便が彼女の個性を際立たせて、どんなドラマでも、ぴりっと隠し味的な存在感を、いつも見せてくれますよね。「戦う!書店ガール」では、主演の1人、稲森いずみさんが演じる「理子」の良き話し相手役で、関西弁が特徴的な子持ちの書店員(実際に出産経験、子育て経験もある濱田マリさん)という事なんですね。

「関西便」は濱田マリさんの武器ともなっていますね。ドラマなどでは多彩なキャラが必要ですよね、アニメなんかでもキャラを特長づけるために、独特の台詞にしたりしますよね。言葉の最後にいつも「にゃん」をつけるとか。

ドラマに登場する人物たちのキャラを際立たせる、でも主人公をくわない程度…という微妙な役どころ、こんなところに濱田マリさんはいつも重宝されていると思うんですよね。NHK朝ドラのマッサンでは「キャサリン」としていい味を出していましたね~。

濱田マリ

とにかく、濱田マリさんが演じる部分は「理子」の内面を表現する大事なシーンとなりそうですね。濱田マリさんの演技が楽しみです(^^)/

「戦う!書店ガール」

濱田マリさんの筋肉がスゴい、画像をチェック!

Sponsored Links

10年くらい前から筋トレにはまっているという濱田マリさん。いわゆる細マッチョという感じですね。「ボルダリング」というスポーツをこよなく愛されているそうです。これはいわゆるロッククライミングに近いと思います。

ボルダリング

一切道具をつかわずに、自分の体の手と足みで上っていきます。「ボルダー」とは岩(石)の事なんですね。ロックよりも小さい岩という感じですね。都会にあるボルダリングのジムなんかは、岩ではなく、壁に突起がある感じですね。

濱田マリさん

これが都市部で、はやったのは省スペースでかなりの運動量が期待できる点ではないでしょうか。テニスや水泳といった競技のような、身体の水平移動距離が多いスポーツではありませんが、垂直方向に、重力と逆らっていく、ノボリ終えた時の達成感。この「達成感」こそがこのスポーツの魅力じゃないかなと思いますね。

濱田マリさん

濱田マリさんは、潜るのも「素潜り」がすき、登るのも「素手」が好きという事なんですよね、なんとなく分かるような気がするんですよね、人間の体としての限界を試したい!みたいな。だから、道具を使ったらずるいっみたいな笑 自分の体だけでどこまでできるかの勝負がしたい!っという。

だからこそ、道具である筋肉をどんどん鍛えたくなるんですよね~。世間では中年層のメタボな方が目立ってきていますが、濱田マリさんを見習っていくべきですよね~(^^)

現在の旦那様は会社員

濱田マリさんは一度、藤井麻輝(元SOFT BALLET・現SUILEN)さんと結婚され、女の子をもうけられましたね。なんでも藤井麻輝さんがストーカーばりに濱田マリさんに接近され見事ゴールインされたとか(^^)。

その後離婚し、女の子は濱田マリさんが引き取られました。2008年、約6年まえに、その後会社員男性(当時51才)と再婚され、現在は幸せに暮らしていらっしゃいますね。

今後も日本のドラマ界でピリっとひと味違った雰囲気を出せる女優としてガンバって頂きたいと思います(^^)/

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ