戦う!書店ガール、店長役の木下ほうかと高橋一生の関係は?

スポンサード リンク


AKB渡辺麻友さんと、稲森いずみさんのW主演で期待の、「戦う!書店ガール」に出演する、木下ほうかさん、一体、どんな役どころなんでしょうか?そして、耳を澄ませばの天沢聖司君の声でおなじみの、高橋一生さんとはどんな関係なんでしょうか?

ペガサス書房の店長役の木下ほうかさん

00001

今回、主演の二人が働いている「ペガサス書房」の店長役の木下ほうかさんですが、この店長、自己中心的な性格と言います。その役をどのように演じて下さるのか楽しみですよね(^^)。

 

「名脇役」として活躍されている印象をもたれている方も多いのではないかと思いますが、2014年夏のドラマ、上戸彩主演、あの斎藤工も主演している「昼顔 ~平日午後3時の恋人たち」で吉瀬美智子さん演じる「滝川利佳子」の夫「滝川徹」を演じ、存在感を見せブレイク!しましたよね。

昼顔 ~平日午後3時の恋人たち

もともと、大阪芸術大学の、舞台芸術学科卒業生である、木下ほうかさんですが、俳優業のほか、プロディース業もされているそうですね。2014年の11月から公開された『グレイトフルデッド』ではプロデューサーとしての活躍されたそうですね。

グレイトフルデッドは「孤独」をテーマにした作品

幼少の頃に家族が離散し、孤独に育った女・冴島ナミ(瀧内公美)。彼女の趣味は孤独ウォッチング。町を散策し、孤独を抱えている
人間を見つけては観察し続けていた。そんなある日、最大級の孤独を抱えた老人・塩見三十郎(笹野高史)を見つける…公式サイトより引用

というあらすじの冒頭部分ですとにかく個性ゆたかな作品ですね。下記の写真はその『グレイトフルデッド』の時のほうかさん。

00001 

ちなみに、大阪芸術大学出身の有名人は多数おられます、女優の羽野晶紀さんや、落語家の、笑福亭笑瓶さん、もうお亡くなりになりましたが作家であり、コピーライターでもあった中島らもさん、歌手の世良公則さん、デザイン学科を中退されていますが時任三郎さん、がいらっしゃいます。
(参考 有名人の出身大学ランキング)

00001

また、意外と知られていませんが、木下ほうかさんは、大阪芸術大学卒業後、吉本新喜劇に3年間所属していらっしゃいますね(吉本新喜劇にはいられたものの、活躍の場を見いだすことができなかったそうですね)。

NHK連続テレビ小説、「花子とアン」でも、東西日報の記者の役を見事に演じられた、木下ほうかさん。脇の演技としてピシッときまってました(^^)/。

 00001

木下ほうかさんと高橋一生さんの関係は?

Sponsored Links

木下ほうかさんが、共演をしていらい、好きな俳優として名前をあげる、高橋一生さん。木下ほうかさんの、ブログにも登場していますよ。(下写真)笑顔が本当に素敵ですよね。

木下ほうかさん

高橋一生さんといえば耳を澄ませばの「天沢聖司君」の声でおなじみですよね。このころから活躍していたなんて!「天沢聖司君」の声いつでも思い出せます(^^)。ほんとうにかわいい男の子の声でしたね。

天沢聖司君

さて以前、お二人が共演した作品というのは、映画作品ですね。もう、9年ほども前になりますね、2006年公開の映画「ラブホテルズ」というサエコさん主演の劇場映画ですね。お二人の長い親交を感じますね。

「戦う!書店ガール」でも、脇としてビシッと決めて下さると思います、本当に楽しみですね。これからもますます活躍されます事を期待してます(^^)/

 

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ