「フラガールと犬のチョコ」の瀧本美織「風立ちぬ」でも評判の演技力

スポンサード リンク


3月11日放送の、「フラガールと犬のチョコ」に出演の、瀧本美織さん。2015年3月11日放送のドラマという事でいろんな人の思いがこもっている作品であると思います。その主人公を演じるわけですから、当然に演技力がある、そして未来を感じさせてくれる、若々しい女優さんが選ばれている事と思います! そこに瀧本美織さんが選ばれたその理由、定評の演技力について紹介します。

定評の瀧本美織さんの演技力

00001

さて、2013年に公開されたスタジオジブリの「風立ちぬ」。監督はもちろん、宮崎駿さん。この時、ヒロインの菜穂子役を演じたのが瀧本美織さん。ジブリの作品というのは、日本国内だけでなく、国際的に広い範囲で見られるものですから、これは本当に大きな役だったと思います。現に、第70回ベネチア国際映画祭に、日本作品として唯一コンペティション部門に出品されたのですからね。演技力について、高畑勲監督からも太鼓判が押されていますね、引用します。

同席した鈴木敏夫プロデューサー(64)は起用について高畑勲監督(77)から「演技力が素晴らしい」との推薦で決まったと説明。アフレコを終え、宮崎監督も演技と声を絶賛していたそうで、瀧本は「良かった~」と喜んだ。(スポニチアネックス)

ベネチアに行ってレッドカーペットを踏んだ、美織さんを多くの女優さんがうらやましがったのではないかなと思います(^^) 赤いドレスも素敵でしたよね♪

 

NHKの朝ドラ「てっぱん」でも主演!

【スポンサードリンク】

2010年のNHKの朝ドラ。まだ初々しい瀧本美織さんの姿をこの朝ドラで見ることができましたね。とても懐かしいですね。何にでもまっすぐな「あかり」を、ういういしく、まっすぐに、演じきれたんじゃないかな~(^^)と思います。そのときのプロデューサーはこんな事を言っています。

太陽のような輝きを持ちながらも暑苦しくない、そんな子がいるのだろうか。
不安な思いで選考に臨み、そして瀧本さんを“発見”しました。素朴で、素直で、真っ直ぐな笑顔を持つ瀧本さんを前にした時、まさに「見つけた!」と思ったのです。そして選考が進む中、瀧本さんが見せる様々な表情、感情を目の当たりにし、その思いは確信に変わっていきました。(NHKドラマトピックスより)

視聴率は、すごい高いというわけでもなかったんですが、まずまずだったんじゃないかなと思います。私もずっと見ていました。「てっぱん」ダンスもはやりましたね(^^) このときも良かったですが、もっともっと成長している瀧本美織さんは、本当に今後ますます成長株だと思います。

一部、声が、少し鼻がかかったような声である事が欠点(>_<)という声もあるにはありますが、そこがまた魅力的だと私は思いますね~(^^)。

 

明るく礼儀正しく、業界関係者からとても定評

瀧本美織さんは、とても明るく礼儀正しく、業界関係者からとても定評があるといいます。それを裏付けるような瀧本美織さんのコメントがこれ。ベネチアでインタビューされた時のものです。

宮崎監督の引退については、「『風立ちぬ』を作ってくださったこと、携わらせてくださったことに本当に感謝しています。監督は、声優、女優としてどうあるべきかということの前に、人として大切なことを教えてくださいました。賞が取れたときには、あらためて監督をはじめスタッフのみなさんに大きな拍手を送りたいです」と話した。(映画.com)

とてもしっかりとした受け答えの内容と、監督に対する尊敬の念、スタッフの方々への配慮もうかがわせるインタビュー内容だと思い、とても好感をもちましたね(^^)

 

素顔の瀧本美織さん、子供の頃から落ち着きがない?(動画)

最初は女優としてでなく、エイベックスよりダンスユニットとして歌手デビューをした美織さん。歌手だったの?と驚きますね。そんな彼女のカワイイ一面がこの「じっとしているのがイヤ」座っていると「イーって」なってしまうという、落ち着きのなさ(^^)。

シャベクリ7の番組中にも椅子に座っているのが辛い、もうギリギリ、「イーっ」となるというわけで、立ってしまいましたっ。子供の頃からそうなんです~とあっけらかんというカワイイ瀧本美織さん。あっけらかんと、自分の事を話すところがとても親近感をもてますね。これからますます演技力を磨いてもらって、頑張って欲しいです(^^)/

 

 

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ