エゴマ油の事を知りたい!主治医、動画でチェック!認知症、うつ病に効くの?

スポンサード リンク


日本古来のスゴイ食材として、取り上げられているエゴマ油。認知症を予防できると話題ですよね。認知症やうつ病に効くといわれていますが、そこのところはどうなのでしょうか?「主治医が見つかる診療所」の動画を見てみましょう! 

エゴマ油

 

2014年12月15日放送の「主治医が見つかる診療所」

高齢化と過疎化が進む、川本町で「エゴマ油」を認知症予防として10年前から着目し、実際に生産し、普及に力をいれてきたそうですね。医師や研究者もこの研究に参加しているという事で期待ですね。

この番組のあと、こちらの川本町のサイトでは、(http://plus-max.com/tokusan/egoma.html) 注文がたくさんで追いつかないっと嬉しい悲鳴が掲載されています。現在、注文をストップしている状態との事です(^^;) しばらくは超多忙な日々が川本町の皆さんにはつづくのではないでしょうか~。

最近も林先生の 「林修の今でしょ!講座」のでエゴマ油が、取り上げられていますね。こちらは動画がありませんが、分かっているところだけ抜粋すると、

●エゴマ油のαリノレン酸が認知症に効果がある
 (壊れてしまった神経細胞には効かないが、弱っている細胞には有効)

●脳は80%が油、脂で作られている。油は吸収がよいので30分程度で効果がある
(ココナッツオイルの「アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能(ISBN-10: 4797371692)」の本で検査をうける前にココナッツオイルを摂取すると結果が良いというのがありました。ので、即効性があるというのはなんとなく理解できますね)

●鬱病にも有用である
※他の油より酸化しやすいため冷蔵庫保存など…

のなどの情報がありました。

 

エゴマ油は、α-リノレン酸が多い(DHAやE­PAを作る材料)

Sponsored Link
 

さて、昨今のココナッツオイルに続き、話題のえごま油ですが、要点は、α-リノレン酸が多い(α-リノレン酸は体内でDHAやE­PAを作る材料になる)という事ですね。お魚の苦手な方やDHA,EPAを手軽に摂取したい方に好都合です。DHA,EPAには中性脂肪やコレステロール値を下げる働きが認められています。

ココナッツオイルはほとんどが、外国産だったのに比較して、こちらのエゴマ油は、生産から国内産という事で、より信頼をあつめる可能性が高いと私は思っています。ココナッツオイル使用者ですが、これも一度はためしてみたいと思っています。

認知症予防のココナッツオイルの記事はこちら

ココナッツオイル毎日飲むには○○がいい!アルツハイマーにもいい!

 

「えごま油」のCM

 ちなみに、こちらはある会社の「えごま油」のCM動画ジュースにサラダにパスタに…熱には弱いそうです(^^;)えごまちゃん!(えごま油は朝日)CM動画

ホノボノとしたCMで、なんだかとても好感をもちますね。

そして、こちらは…川本町のゆるきゃら…

川本町のゆるきゃら

まぁかわいいですね、えごはちゃんってちょっと言いにくいですけれども(^^;) しかしゆるキャラまでつくっているとは結構、町おこしに力がはいっていますよね。

 参考サイト(http://plus-max.com/tokusan/egoma.html)

いろいろな食材がとりだたされ、あちらが良い、こちらが良いと目がくらんできそうですよね。ある脳科学者は、とくに脳に良いという食材はないと言います。脳も体の一部なんだから、体に良いものが良いという事だと。いろいろ情報があって悩みますが、アルツハイマーや鬱病に少しでも明るい兆しがあるのであれば、挑戦してみたいですよね。

スポンサード リンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ